おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】

 とっても美味しいおせち料理をネット通販でお取り寄せしよう♪

美味しいおせちを食べたい

おせち料理ってお世辞にも美味しいとは言えないモノが多いですよね?正月から美味しいおせち料理を食べたいなら、いまならインターネット通販でお取り寄せできますよ。もちろん予約もOKです(^^)

おせち料理の由来ってどこからきているのか?

お正月には、年の神様が来るという言い伝えがあります。年の神様は年神といって、農耕をつかさどる神でもあります。

古来から日本では農耕が中心でしたので、お正月になると各家に年神を迎え、もてなすことによって一年の豊作を祈ったのです。お正月に門松を飾るのは、年神の依代(よりしろ:最初に降りてくる目印)の役割があります。

しめ飾りと輪飾りは、年神が降り立つにふさわしい、はらい清められた聖域を示すものです。そして年神にお供えする食べ物が、床の間などに飾る鏡もちです。

お正月に食べるおせち料理はそもそも、年神に供えるための料理でした。日本では古来より、収穫したものをまず神様にお供えする慣習がありました。

そのお下がりをいただくのを直会(なおらい)といい、神の持つ力をいただくことを意味しました。神への供え物(神饌)は乾物が多いので、そのままでは食べられません。現在のようなおいしいおせち料理は、江戸時代の武家のしきたりが中心になって作られたといわれています。

正月の祝い肴は屠蘇肴とか三つ肴ともいい、普通は数の子・黒豆・ごまめを指します。数の子は卵の数が多いことから子孫繁栄を意味し、黒豆はマメに働けるようにとの願いがこめられています。

田作りとも呼ぶごまめは、田植えの祝い肴に用いられていたことから、それぞれに縁起のよい食べ物とされ、おせち料理には欠かせないものです。おせち料理を食べる風習は、日本人の神々に対する畏れや信仰心の表れともいえるでしょう。

飾り切りの切り方

おせちの素材もちょっと手を加えることでぐっと見た目も良く、豪華になるものです。たとえばちょっと切り方を工夫してみるのも良いでしょう。ここではそんな飾り切りを紹介してみます。

【矢羽根れんこん】
ちょっと脇役のイメージの強いれんこんですが、矢の羽根のような形に切りそろえます。これは神社に奉納する破魔矢をイメージしており、邪気を払い無病息災を願うことからきています。切り方はまずれんこんを斜め切りし、半分に切ります。切り口の穴を合わせて重ね、外側を切り落とし、中央に切った切り口を上にします。

【梅型にんじん】
にんじんを梅の花に見立てた切り方です。お正月といえば松竹梅。そのお目出度い花の一つである梅の花のようににんじんを切ります。まず人参は1cmほどの厚さに切ってから切りそろえます。花びらのくぼみから中心まで切れ目を入れ、切れ目の右の花びらの中央から、切れ目に向かって斜めにそいで切り落とすと梅の花のような形になります。

【手綱こんにゃく】
普通に煮物を作る際もこんにゃくをこのように馬の手綱をイメージして切りそろえることはあると思います。元々馬は日本人の生活に密着した動物でした。馬のように新しい年も駆け抜けろという意味があるのかもしれませんね。こんにゃくを短冊に切り、片方の端を切り目にくぐらせて手綱の形にします。

この他にも様々な切り方がありますので、ひと工夫してみてはいかがでしょうか。よりおせち料理が引き立つと思いますよ。


Copyright © 2009 おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】 . All rights reserved