おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】

 とっても美味しいおせち料理をネット通販でお取り寄せしよう♪

おせち通販・TOP > おせちの詰め方のしきたり
おせちの詰め方のしきたり

おせちと言えば重箱が欠かせませんよね。重箱の中に整然と並べられたお料理の数々。ちょっと箸を付けるのもためらわれる位奇麗なものです。この重箱、外が黒、中が朱塗りのものが正式なものだと言う事です。

さらにこの重箱におせち料理を詰めるのにもしきたりがあるのをご存じでしょうか?ちなみに各お料理の詰め方はお重の上から順番に、

一の重:口取り
二の重:焼き物
三の重:煮物
与の重:酢の物

という内容になります。
各お料理にはそれぞれ謂れがあり、栗きんとんなら財産が貯まるように、数の子なら子孫繁栄、昆布巻きなら喜び(幸せ)を招くとされています。

このお料理ですがお重に詰める際には3・5・7のように奇数で揃えるのがしきたりとなっています。例えば、一の重であれば黒豆や数の子、かまぼこなどを奇数になるように彩りよく詰めていきます。

特に一の重は最初に開けられるお重になりますから、見た目も綺麗に揃えたいですね。同様に二の重はぶりや海老などの焼き物を同じように詰めていきます。三の重はれんこんや高野豆腐、昆布巻き、さやえんどうなどを詰めます。

以前は七草までおせち料理を食べたものですが、現在では正月三が日に食べる分位を作る家庭が多いようです。

また、時代とともにおせちの内容も変わってきて、洋風おせち、中華おせちというのも人気になっているようです。最近では各地方の豪華食材を詰めた豪華おせちなども販売されています。

関連エントリー
Copyright © 2009 おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】 . All rights reserved