おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】

 とっても美味しいおせち料理をネット通販でお取り寄せしよう♪

おせち通販・TOP > お屠蘇の由来
お屠蘇の由来

「屠蘇」とは本来、「『蘇』という鬼を屠(ほふ)る(殺す)」ということだと言われています。

「邪を屠(ほふ)り、身体を蘇らせる」という意味からこの名がついたともいわれています。お屠蘇は、弘仁年間(今より千百余年以前)、中国の蘇明が和唐使として来朝のとき伝えたもので、朝廷で天皇四方拝(元旦)の御式後、お酒にこの屠蘇を浸して用いたのが始まりです。

やがて国民もこれにならい、元旦に屠蘇を用いると一年中の邪気を除き、家内健康に幸福を得られるとして、家ごとに必ず屠蘇酒を用いて新年のお祝いの儀式としました。

お屠蘇は、薬局に売っている屠蘇散(さんしょう、ききょう、肉系、ぼうふうなど数種の薬草を調合して絹の袋に入れたもの)を、日本酒かみりんにひたして作ります。お屠蘇の正しい飲み方は、元旦の朝に若水(元旦の早朝に汲んだ水)で身を浄め、初日や神棚、仏壇などを拝んだ後、雑煮を食べる前に飲みます。

その時使用する器は、朱塗りまたは白銀や錫などのお銚子と朱塗りの三段重ねの盃です。飲む順序は一年の無病息災と延命長寿を願うところから、若者の活発な生気にあやかる意味で年少者より順次年長者へと盃をすすめるのが決まりです。

また、正月三が日の間の来客者に対しても、まずお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交わすのが礼儀とされています。

年々、正月らしさが失われていきますが、私たち日本人が伝えてきたお屠蘇の習慣は、家族の健康と精神的な絆を保つうえでぜひ後世に残したい行事の一つです。

関連エントリー
Copyright © 2009 おせち料理の通販ランキング 【お取り寄せ予約もバッチリ!】 . All rights reserved